「地域創生×SDGsセミナーin長崎」で長崎大学のSDGsの取り組みを紹介しました

長崎県において、自治体、民間企業、市民、大学・研究機関、金融機関等を対象に、SDGsについて理解を深め、いかにSDGsを好機として捉えていくか、そのヒントを探ることを目的として、産・官・学・民それぞれの立場からSDGsの取組み事例を紹介するセミナーが長崎県立美術館において2018年2月13日に開催されました(https://www.jica.go.jp/kyushu/eco/sdgs/2018/20190318.html)。本学からはグローバル連携機構の藤野助教が出席し、長崎大学が進めている日本における課題先進地域である島での取組み、世界に取り残される人を生むリスクへの取組み(熱帯医学研究所、核兵器廃絶センター、長崎大学原爆後障害医療研究所)について紹介しました。

 

 

関連記事

  1. アフリカや南アジアから感染症対策の医療従事者6名を研修員として受け入れました

  2. -海外拠点便り- ベトナム=デング熱とSFTS:社会構造の変化との関わり=

  3. ビクトリア湖における包括的な生態系及び水環境研究開発プロジェクト~外部資金を活用した大規模研究開発プロジェクト~

  4. 放射線医療科学研究

  5. 長大生、魚を求めて海外のフィールドへ

  6. インドネシア草の根