クラチエ大学学長らが本学を訪問

 2019年5月15日(水)、カンボジア王国クラチエ州のクラチエ大学Ngy Laymithuna学長、およびKong Phoumikaカンボジア教育・青年・スポーツ省高等教育局長らが河野学長を表敬訪問しました。

 懇談には本学から水産・環境科学総合研究科の萩原篤志研究科長、和田実教授、経済学部から宇都宮譲准教授が同席しました。

 クラチエ大学は2018年11月に開学した新設校であり、3つの学部(栽培学部、農村工学部、農業学部)と2つの研究所(魚類学研究所、外国語情報技術研究所)を有しています。2019年3月22日に同大学で行われた本学との学術交流協定の締結式の際には「持続可能な農業、水産業、エコヘルス」のテーマでミニ・シンポジウムが開催され、和田実教授らが講演を行いました。

 今回は主に共同研究についての協議を行うため来学されたもので、今後同大学との間で水産、環境、経済等の分野で活発な連携が期待されています。

↓懇談の様子

↓本学関係者との記念撮影

関連記事

  1. ~大学の国際化に伴い私達の仕事はどう変わるのか~立命館アジア太平洋センター訪問記

  2. 九州SDGs アクションガイドに掲載されました

  3. インドネシア草の根

  4. ベトナム・カントー大学との共同調査・研究交流について

  5. ~海外拠点便り~ 環東シナ海研究拠点

  6. JICA国別研修「ICT・学術情報管理」を実施しました