モザンビークから医療従事者育成に取り組む行政官や教官10名を研修員として受け入れました

本年1月23日から30日まで、JICAがアフリカのモザンビークで実施している技術協力「保健人材指導・実践能力強化プロジェクト」の関係者として、看護師、助産師、薬剤師等の医療従事者の育成に取り組んでいる保健省や各州の医療人材局、人材養成校から10名に対する研修を実施しました。

彼らは、日本の医療人材育成の歴史や制度の変遷、職能団体(看護協会)の実施する生涯教育、病院等の医療機関で勤務する人材の継続教育(現任研修)の仕組みと現状などを学び、研修最後には、モザンビークの実情を踏まえて本研修をどのように活用するかをグループでの討議を通じて発表しました。

この研修を通じて、異なる地域、職種の研修員が継続教育や現任研修の向上という共通の課題に協働し、グループとして意思決定することを学習したことはJICAの技術協力を実施する上でも有益であることから、帰国後も本研修での経験を基にJICAの専門家との協力が促進されることが期待されます。

関連記事

  1. アフリカ21カ国の外交団に「マルチプレックス事業」を説明

  2. モザンビークの保健省局長、人材養成校校長らを研修員として受け入れ

  3. インドネシア草の根

  4. ナイジェリア特命全権大使らが本学を訪問

  5. アフリカを中心に、保健医療分野における人材育成推進のための研修を実施

  6. アジア、アフリカ、中米からの感染症対策の従事者12名を長崎で研修