「島とSDGsシンポジウム」の開催

第一回長崎大学「島とSDGsシンポジウム」~日本一島の多い県から島の持続性・調和的発展への取り組み~と題したシンポジウムを2018年11月14日(水)に長崎大学にて開催しました。

「基礎的社会サービス」「まちづくりと集落社会の持続性」「島だからできるイノベーション」という3つの観点から、既に長崎大学で取り組んでいる研究や地域で実施されているプロジェクトの紹介がありました。

最後に、シンポジウム参加者・自治体・離島関係者によるパネルディスカッションがあり、地域と長崎大学の今後のあり方について率直な意見交換が行われました。

シンポジウムの詳細は、こちらをご覧ください。

関連記事

  1. アジア、アフリカ、中米からの感染症対策の従事者12名を長崎で研修

  2. – 海外拠点便り – ベラルーシ拠点

  3. ~海外拠点便り~ ベラルーシ拠点

  4. 研究教育支援と環境保護がそなえる社会的意義:ODAによるCTU研究教育強化支援事業から

  5. 「地域創生×SDGsセミナーin長崎」で長崎大学のSDGsの取り組みを紹介しました

  6. ブーゲンビリアと黄金仏塔の親日国ミャンマーへ 今こそ教育協力を!