長崎大学中央図書館にベトナム語のブースができました!

2017年、ベトナム・カントー大学の図書館長が本学図書館でJICA研修を受講しました。
本研修がきっかけとなり、2018年~19年にかけて、本学図書館とカントー大学図書館の間で、お互いの図書の寄贈が行われました。
カントー大学から寄贈された本が、このたび、中央図書館にお目見えしました!

ブースはベトナムの小物でコーディネートされ、日本語に翻訳された本のリストが置かれています。
ベトナム語やベトナムに興味がある方、ぜひ中央図書館を訪れて、お手に取ってみてください。

長崎大学附属図書館ブログ:http://nulib.hatenablog.jp/entry/2019/10/21/101329
長崎大学附属図書館ツイッター:@NagasakiUniLib

関連記事

  1. アフリカを中心に、保健医療分野における人材育成推進のための研修を実施

  2. -海外拠点便り- ケニア=LAVICORD事業の紹介=

  3. カザフスタン共和国 5人の医師達の短期研修

  4. JICA国別研修「ICT・学術情報管理」を実施しました

  5. 長大生、魚を求めて海外のフィールドへ

  6. 大阪ユニセフ協会のスタディ・ツアーが来訪されました