長崎大学中央図書館にベトナム語のブースができました!

2017年、ベトナム・カントー大学の図書館長が本学図書館でJICA研修を受講しました。
本研修がきっかけとなり、2018年~19年にかけて、本学図書館とカントー大学図書館の間で、お互いの図書の寄贈が行われました。
カントー大学から寄贈された本が、このたび、中央図書館にお目見えしました!

ブースはベトナムの小物でコーディネートされ、日本語に翻訳された本のリストが置かれています。
ベトナム語やベトナムに興味がある方、ぜひ中央図書館を訪れて、お手に取ってみてください。

長崎大学附属図書館ブログ:http://nulib.hatenablog.jp/entry/2019/10/21/101329
長崎大学附属図書館ツイッター:@NagasakiUniLib

関連記事

  1. 海洋環境生物資源研究

  2. アフリカ仏語圏の国々からの保健医療行政官12名を研修員として受入

  3. インドネシア 環境草の根案件

  4. – 海外拠点便り –環東シナ海研究拠点

  5. 熱帯病・感染症研究

  6. 「地域創生×SDGsセミナーin長崎」で長崎大学のSDGsの取り組みを紹介しました