サモア国における麻疹流行に本学スタッフが活躍しました

JICA内に事務局がある国際緊急援助隊(Japan Disaster Relief Team: JDR)には、2015年、「感染症対策チーム」が設立されています。
同チームのメンバーとして、本学の熱帯医学研究所臨床感染症学分野・長崎大学病院感染症内科の山梨啓友医師、田中健之医師、山内桃子医師、熱帯医学・グローバルヘルス研究科出身の福島紘平薬剤師がサモアでの診療活動を行いました。

サモアでは麻しん(はしか)が流行し、2019年11月にサモア政府が緊急事態宣言を発令しました。
同政府の要請により、感染症対策チーが2019年12月2日~29日まで現地に派遣されました。

詳細はこちらをご覧ください。↓
「途上国の感染症流行に奮闘する国際緊急援助隊:ノウハウの実績は日本の感染症対策にも貢献」
https://www.jica.go.jp/topics/2020/20200804_01.html
(画像は上記HPのものです)

関連記事

  1. 長崎大学・ライデン大学共同シンポジウム「The Clinical Sciences of Healthy Ageing」が開催されました

  2. JICA「橋梁維持管理研修」研修員と本学学生との交流イベントを行いました

  3. モザンビークの保健省局長、人材養成校校長らを研修員として受け入れ

  4. ベラルーシでの医療研修報告

  5. – 海外拠点便り – ケニア拠点

  6. 海外からの研修員を長崎に受け入れる~離島・へき地の医療に学ぶ~