【お知らせ】2020年11月27日(金)、ライデン大学と共同シンポジウムを開催します(ZOOM開催、英語のみです)

2020年11月27日、「健康長寿(Healthy Ageing)」をテーマに、オランダのライデン大学医学部と共同シンポジウムを開催します(Zoom開催です)。
両国における高齢者特有の疾患や予防について、臨床研究やコホート研究の成果を発表します。
(英語のみの開催となり、通訳は付きませんので、ご了承お願いいたします)

ライデン大学医学部は老化のバイオマーカー研究において数々の業績があります。
長崎大学は離島におけるコホート研究の成果を多く発信してきました。
ともに高齢社会国家でありながら、異なる社会背景をもつオランダと日本の研究者がそれぞれの知見を持ち寄り、ディスカッションを行います。
老化、健康寿命の延伸に関心がある皆様、奮ってご参加ください!

プログラム詳細、お申し込みはこちらのサイトからどうぞ。↓
長崎大学医歯薬学総合研究科HP:http://www.mdp.nagasaki-u.ac.jp/eng/international/sympo/20201127/index.html

関連記事

  1. 五島市役所でSDGs意見交換会を行いました

  2. ヨルダンでTMGH研究科の教員が現地の保健医療サービスの改善に貢献

  3. 日中共同社会疫学研究の実現に向けて~日本、中国で増え続けるMSMへの取組み~

  4. JICA「mundi」にTMGH卒業生ロビーナ・アジョクさんが掲載されました

  5. インドネシア草の根

  6. TICAD7で長崎大学のブースを出しました