駐日インドネシア共和国トゥリ・プルナジャヤ副大使が本学を訪問

2020年11月20日(金)、駐日インドネシア共和国副大使 トゥリ・プルナジャヤ氏が永安理事(研究・国際担当)を訪問されました。

トゥリ・プルナジャヤ副大使は、本学海洋生産科学研究科(当時)の修了生である教育文化アタッシェ ユスリ・ワルディアトノ教授らとともに来訪し、菅首相が10月のインドネシア訪問時に表明した、災害、コロナウイルス感染症対策における協力強化を受け、日本の大学、研究機関等とインドネシアの大学、機関、企業等の間で連携を強化したい考えを示されました。
長崎大学が医学教育で長い歴史を持ち、特に熱帯医学・感染症分野を強みとしていることに興味を示し、共同研究や留学生交流促進に大きな期待を表明されました。

関連記事

  1. ~マラウイで研究拠点づくりを目指して~再興感染症ウイルス及び媒介蚊の調査方法開発

  2. アフリカや南アジアから感染症対策の医療従事者6名を研修員として受け入れました

  3. インドネシア 環境草の根案件

  4. -海外拠点便り- ベトナム=デング熱とSFTS:社会構造の変化との関わり=

  5. JICA「mundi」に工学研究科の西川貴文准教授が掲載されました

  6. 日中共同社会疫学研究の実現に向けて~日本、中国で増え続けるMSMへの取組み~