スコットランド政府と島嶼SDGsプロジェクトとの連携について協議しました

島嶼SDGsプロジェクトにおいて海外の離島・へき地から日本の離島・へき地の課題解決策を模索する試みとして、スコットランド政府の北極圏政策の担当者Francesco Bertoldiさんと協議を行いました。 スコットランドは北極圏に近く、北極圏にはへき地・遠隔地の課題がいくつもあるうえに、気候変動の影響も受けやすいところであることから、クリーンエネルギーの技術を持ち、へき地域の課題に向き合っているスコットランドとして、貢献しようしています。今後島嶼SDGsとして、島嶼やへき地の自治体から具体的な課題や疑問を吸い上げ、スコットランド政府の進めるArctic Connectionsと情報交換をしていくことを打診、Francescoさんからスコットランドとしても日本の経験に学びたいとのコメントをいただきました。

関連記事

  1. 長崎大学の定例記者会見で「島嶼SDGsプロジェクト」本格始動が報告されました

  2. 五島市と島嶼SDGsについて話合いました

  3. 「アイランダー2019」に参加しました