ドローンやIoTを用いた離島の課題解決について意見交換が行われました

ドローンやIoTを用い離島、とくに二次離島の医療や教育の課題をどう乗り越えていけるか、五島中央病院内の離島医療研究所の延末助教、長崎から地域教育総合支援センターの中村(典生)教授がZOOMを用いて約1時間意見交換しました。運用コストの高いドローンを不便なところ、離島の将来にとって必要な要素にどう複合的に絡ませていくかを中心にアイデアが練られています。

 

関連記事

  1. SDGsの達成に向けた共創的研究開発プログラムに採択されました

  2. 総務省のICT街づくり推進会議地域懇談会で、長崎大学が関わった取組が高く評価されました

  3. 地域教育総合支援センターが五島市教育委員会にサテライトオフィスを開設します