ドローンを活用した課題解決の可能性について、新上五島町と意見交換を行いました

ドローンを活用して、どのように島の課題解決に貢献できるか、新上五島町とzoomを用いて意見交換を行いました。
本学から医歯薬学総合研究科・地域医療協働センター長の前田隆浩教授とグローバル連携機構の藤野忠敬助教が参画し、新上五島町と約1時間意見交換しました。
まだまだコストの高いドローンの応用ですが、いずれドローンが当たり前のように利用される未来を見据えて、利用の在り方を考えることが必要なのかもしれません。

関連記事

  1. 長崎大学地域医療協働センターの前田教授が五島高等学校を訪れました

  2. 島の藻場の保全と再生の取り組み~4~

  3. 第1回「島嶼SDGs協議会」が開催されました