【海外拠点】長崎大学東南アジア海外教育研究拠点

海外拠点

長崎大学東南アジア海外教育研究拠点

所在地
ベトナム社会主義共和国ハノイ市
設置年
2006年(長崎大学東南アジア海外教育研究拠点としては2018年)
現地スタッフ
日本人常駐 6名・ベトナム人スタッフ 6名
分室
ニャチャン分室(ニャチャン市(カンファ県衛生局内))
連絡先
研究国際部国際企画課
Tel: 095 819 7806
Email: kokuki@ml.nagasaki-u.ac.jp 
ベトナム拠点ホームページ

主な活動内容

東南アジア海外教育研究拠点は、2006年3月に新興・再興感染症研究拠点形成プログラムのもとに長崎大学熱帯医学研究所の拠点としてベトナム国立衛生疫学研究所(NIHE)内に設立されました(NIHE-長崎大学フレンドシップ研究室、ニャチャン分室)。2010年4月からは感染症研究国際ネットワーク推進プログラム(J-GRID)の元に運営され、2018年現在、J-GRIDフェーズ2を経てJ-GRIDフェーズ3が進行しています。

主にアジアにおける感染症に関わる知の集積・発信としての役割を果たしているほか、国際保健を志す若手研究者や大学院生、学部学生のon-the-job training施設として、長崎大学内のみならず、他大学や高校生が利用*する教育研究の拠点となっています。
* 平成28年度は高校生4名、他大学の学部学生5名、大学院生4名が拠点を訪問。

海外拠点へ戻る