TICAD7で長崎大学のブースを出しました

2019年8月27日から30日にかけてパシフィコ横浜で開催されたアフリカ開発会議で、長崎大学のブースを出展しました。ブースでは、長崎大学のアフリカ開発援助~50年以上にわたる貢献~というタイトルで1960年代から始まる大学のアフリカへの貢献をデジタルサイネージで紹介し、訪れた方に現在の各学部・研究科の取り組みについて説明しました。立ち寄られた方の多くは長崎大学が半世紀以上の関わりを持っていることに驚かれたようです。

↑ブースに展示した最近のアフリカでの教員の活動 

 

関連記事

  1. モザンビークの保健省局長、人材養成校校長らを研修員として受け入れ

  2. アフリカ21カ国の外交団に「マルチプレックス事業」を説明

  3. ベトナム・カントー大学との共同調査・研究交流について

  4. ベトナムでの感染拡大防止に貢献-長崎大学熱帯医学研究所ベトナム拠点の新型コロナウィルスに関する活動

  5. アフリカ(フランス語圏)から保健医療行政官7名を研修員として受け入れました

  6. JICA「橋梁維持管理研修」の研修員に、本学学生が長崎市内ガイドを行いました